日本三大名瀑・那智の滝!アクセス、所要時間や駐車場は??


スポンサードリンク

日本三大名瀑はご存知でしょうか。知っているよという方、滝好きな方か桃鉄ガチ勢ですかね(笑)最新版の桃鉄には桃鉄で日本三大名瀑に関する問題が出てくるので自然に覚えた方もいらっしゃいますよね。滝について学ぶことってほとんどないので知らない方も沢山いらっしゃると思います。そんな方向けに説明しますと、

 

栃木県の「華厳の滝

和歌山県の「那智の滝

茨城県の「袋田の滝

 

この三つの滝を日本三大名瀑と言います。滝に行くと、森や川も一緒にあってマイナスイオンがすごいです。都会の喧騒から離れてリラックスしたいなという方は滝行ってみるといいですよ。かなり落ち着きます。

今回はその三大名瀑でも最も落差があり、一段の滝としては日本で1番落差がある和歌山県那智の滝についてお話ししたいと思います。

 

那智の滝

所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

営業時間:7:00〜16:30

定休日:なし

白浜から車で約2時間

バスツアーの方が結構いらっしゃったので、ツアーで行くという選択肢もありそうですね。

駐車場:滝の近くは有料

那智山観光センター駐車場は無料(滝まで徒歩10分)

紀伊山地の霊場と参詣道として那智の滝世界遺産に登録されています。熊野古道を歩いている猛者たちはこの世界遺産を全て見ることができます。ただ熊野古道を全部歩くとなると朝早くから歩いて、宿泊して2日歩く必要があるのでなかなか観光客ではそこまでできないです。そんな方でも那智の滝に来れば、那智の滝と合わせて三つ(熊野那智大社那智山青岸渡寺)をみることができます。

那智山青岸寺は那智の滝から徒歩10分

熊野那智大社那智山青岸寺から徒歩1分

熊野那智大社から那智山観光センター駐車場まで徒歩10分

位置関係で言うと那智の滝から1番遠くに那智山観光センターがあって、その直線上から少し離れた位置に熊野那智大社那智山青岸渡寺がほとんど同じ場所にあるイメージで結構です。3つを歩いていくと徒歩トータル30分くらいにはなるので、きつい方は有料駐車場を使って那智の滝付近に車を止めるのがいいですね。那智の滝側から行けば坂で登っていきます。一方那智山観光センター側から行くと熊野那智大社青岸渡寺は階段の上にあるので、歩いて10分は登らなければなりません。しかも、この階段がかなり急な石段なのでまあまあきついです(笑)歩くのをできるだけ避けたい方は那智の滝側からいきましょう。

 

 

今回は那智山観光センターに泊めて、歩いて那智の滝へ行きました。行きは下り坂なので楽ちんです。帰りこれを登るのかと思うときついかも知れませんが。道はアスファルトで舗装されていて歩きやすいです。両サイドはお土産屋さんやお食事処がありました。駐車場から7.8分歩くと滝の前に門が出現します。門を越えると歩きにくい道になります。しかも階段なので、ヒールや革靴など歩きにくい靴は避けた方がいいです。地面が土で、上は木々に囲まれた森なので地面がぬかるんでいる可能性もあるので。階段を50段以上降りると滝が出現します。落差があるので、水の音は遠くからでも聞こえていました。ただ木が多いので、階段を降り切っても滝はギリギリ見えません。階段を降りて砂利の道を歩くと滝が出現します。

 

f:id:micchiblog:20210409113413j:image

かなりの高さから落ちてきているので迫力満点です。勢いが良いので、もし仮にこの滝で滝行したら首は間違いなくもげます。それぐらい勢いが強いです。

 

入場料大人300円、中学生以下200円を払えばもう少し近くで見ることができます。

 

近くで見るとより迫力が増すので、是非近くで見てみてください!

 

 

那智の滝熊野那智大社の道の途中に、三重塔がありました。

f:id:micchiblog:20210409115537j:image

滝をバックに赤い三重塔は映えますね。天気がかなりよく、空が青々としているのも綺麗に撮れた要因でしょうね。紅葉の時期に来ても綺麗なんじゃないかなと感じました。

 

f:id:micchiblog:20210409115707j:image

こちらは青岸渡寺から見た三重塔と那智の滝です。森の木々の中に那智の滝が出現していることがわかります。

 

それから熊野那智大社

f:id:micchiblog:20210409115944j:imagef:id:micchiblog:20210409120025j:image

お願いを書いてここを通れば願いが叶うというものでした。それぞれ自分のお願いをして通りましょう。この護摩木は300円でした。なんか護摩木の値段を書くのはすごく変な感じですね(笑)気持ちを込めてということで、神社の参拝のような感じですね。沢山の護摩木が並べられていました。やはり世界遺産の一部なので訪れる方は多いのでしょう。大きめのリュックを背負い、杖を持って歩いている方もかなりいらっしゃったので、熊野古道を歩いてきたのでしょう。半日コースもあるようなので、少し歩いてみたいけど1日歩くのはきついという方は半日コースで歩いてみるのがいいのではないでしょうか。

 

写真フォルダを見て気づいたのですが、熊野那智大社青岸渡寺の写真を一枚も撮ってませんでした(笑)護摩木と大木の写真はあるのですが(笑)

 

那智の滝熊野那智大社青岸渡寺の3つを回る所要時間は約1時間です。お昼ご飯を食べるという方は1時間半から2時間見ておけばいいでしょう。

ちなみにぼくはここから車で10分程度にある那智寝ぼけどうでマグロ丼を食べました。かなりおいしかったので、マグロ好きな方は迷わず行ってください!

f:id:micchiblog:20210409121848j:image

このボリュームとクオリティで2000円しないのはコスパ良すぎですね!

 

以上、世界遺産であり日本三大名瀑でもある那智の滝についての記事でした。